So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京王御陵線について 記事修正 [趣味]

本年10月1日に我が八王子市を走る京王電鉄高尾線が開通50周年を迎えます。またこれを記念して記念乗車券が発売されます。
詳しくは京王電鉄のホームページ→京王ニュース→本年10月号に記事があります。

昨年11月16日に当ブログで「京王御陵線について」という記事を書きましたが、その後もう少し詳しい資料はないかと気になり八王子市郷土資料館を訪ねてみました。
初めての訪問なので館内の様子やどのような業務を行っているのかわかりませんでした。館内をうろうろしていると閲覧コーナー発見!。事務室にお申し出くださいと書いてあるのですが、個人的な興味で閲覧室なんて入れてもらえるのだろうかと恐る恐る聞いてみたら快く(?)案内していただき、探しているジャンルを言ったら「それでしたらこの辺りですね」とご丁寧に本棚を教えていただきました。
閲覧室は職員の方が仕事をされている部屋の中にあり、悪いことをしているわけではありませんが妙に緊張します。
で、目的関連の書籍はないかと探してみましたが一般に販売されている本や図書館で見た本しか見当たらなく収穫無しかと思ったその時!大きい本に紛れて「京王御陵線」という小冊子を発見!。市内在住の方が自費出版(手作り?)されたようで、まだ電車が走っていた当時の事や休止後の様子など沿線の事を克明に書かれていてとても貴重な資料です。
著者の了解を得ていないのでここでは詳細は書きませんが、私が書いた記事を修正する部分がありましたので参考にさせていただきます。

その1:鉄泥棒に持って行かれた橋桁は南浅川のではなく甲州街道上の物だそうです。
その2:多摩御陵前駅の構内の配線図が間違っていました(3面3線は同じです)。

2017092901.jpg

私の汚い手書きで申し訳ないのですが、わかりやすいとは思います。


その3:この書籍に書かれている話ではありませんが、片倉駅が開業当時は国道16号線より北野駅寄りにあった「よう」と書きましたが、この事に関する資料が見つからなく事情通の当店のお客様に尋ねたら「確か今と同じ場所にあったはずだけどなぁ~(?)・・・」ということで決定打に欠けますので、この件は「不明」とします。

以上修正させていただきますが、なにせ戦時中には走らなくなった遠い昔の鉄道の話ですので当時を知る方の情報(記憶)頼みとなります。ご協力いただきました当店のお客様に厚く御礼申し上げます。

― ― ― ― ― ― ― ―


京王電鉄の最新型車両2代目5000系が本日9月29日にデビューしました。16年ぶりの新車でロングシートとクロスシートの切り替えができ「京王電鉄」としては初のクロスシート装備車となります。最終的には合計5編成が投入される予定で来春からは有料座席指定車として運行開始するそうです。

2017092902.jpg

新型の写真がないので初代5000系の写真でも・・・


― ― ― ― ― ― ― ―


余談ですが、郷土資料館の閲覧コーナーの書籍はコピー(有料)ができます。記憶力の弱い私はなぜか感動しました。

おしまい