So-net無料ブログ作成

相模原麻溝公園に行ってみました。 [日記・雑感]

今月24日の出張撮影の現場は相模原市麻溝台でした。撮影が予定より2時間ほど早く終わったので現場より車で数分の麻溝公園に行ってみました。予定よりも2時間も早く終わるということは予定でもなんでもないような気がするのですが、まあこの手の仕事は当日現地で打ち合わせなのでそもそも予定なんて立てられないのです。予定というより予想の方が正しいのかとも思いますが、それでも2時間早く終わるということは仕事量が予想より少なかった=売上が少ないということなります・・(-_-;)。

で、相模原麻溝公園は神奈川県相模原市南区に所在する都市公園です。面積約21ヘクタールの広大な公園で、約1200台分の無料駐車場も完備されています。この公園のなかにふれあい動物広場というのがありまして、さらにこの中に文鳥愛好家の聖地(?)であるバードケージがあります。私も文鳥愛好家の端くれでありますので一度は訪れてみたいと思っていたところに偶然にも公園のすぐ近所に仕事が発生したわけであります。

0010.jpg

ふれあい動物広場入口です。中にはうし・うま・ぶた・くじゃくなどたくさんの動物がいらっしゃいます。


0001.jpg

こちらがバードケージです。ゲージではありません、ケージです念のため。中は2つに分かれていましてそれぞれのケージに出入り口があります。この出入り口は中の鳥が外に出ないように屋外側とケージ内側と2枚ドアがあります。数人で出入りするときは両方のドアを同時に開けないように気を付けてください。画像向かって左側が錦花鳥・十姉妹・うずらなど、右側が文鳥、インコなどのケージとなります。


0003.jpg

こちらが綿花鳥などケージ



0002.jpg

こちらが文鳥などケージで、中央のドアで隣のケージに行き来できるようになっています。


0005.jpg

屋根付き文鳥団地



0004.jpg

文鳥の木(?)。この画像の中だけでも30羽くらいいらっしゃいます。はたして全部で何羽いらっしゃるのでしょうか・・。


0007.jpg

0006.jpg

止まれる所、入れる所は鳥さんだらけです。



0008.jpg

左側の器の中でごはんを食べている薄雪鳩はこのあと、後ろに写っている十姉妹に追い出されていました。十姉妹強しw。


0009.jpg

文鳥側にいる薄雪鳩。ケージ内の説明板によるとこちら側にはいないはずなんですが、乱入したもようですw。

見学時に気を付けたいことなのですが、特にこの薄雪鳩やうずらなどは場所問わず足元を縦横無尽に歩き回っていますので、上ばかり見て歩いているととても危険でした。特にこの時期ヒナもちょろちょろしていましたので。

わが家の文鳥様とこちらの文鳥様を比べて気が付いたことはとにかく「足が太い、体格がいい」w。さすが鍛え方(行動範囲?)が違います。この公園のケージの上は木で覆われていますが、屋外ですので冬でもぬくぬくの環境の室内飼いよりたくましく育つのでしょうね。